コーヒーメーカーの掃除

バナー

コーヒーメーカーの掃除

コーヒーメーカーは、美味しいコーヒーを淹れるのに便利ですが、衛生面が悪化すると使い物になりません。口に入れるものを作る機械なので、掃除には化学物質を使わないでお酢と水だけを使うと良いです。

コーヒーメーカーの外側はそれほど汚れないので、布巾で拭きます。
頑固な汚れが付着している場合だけ、中性洗剤を使います。汚れが取れたら洗剤をきれいに洗い流します。


外側は自分の目できれいになったかを確認しやすいですが、蓋の上に溜まったホコリを見落とさないように注意します。


内側は、蓋を開けてフィルターなど全て取り出します。
コーヒーポットに水を入れ、さらにお酢を加えて酢水を作ります。
水とお酢は2対1が理想です。


分量はコーヒーポットの目盛りを参考にします。

法人タブレットの情報といえばココです。

その酢水をタンクに入れて、コーヒーメーカーのスイッチを入れます。
タンクからポットにドリップすることで酢水が行き渡るので、内側の見えない場所も掃除できます。

お酢には消臭効果も期待できます。

この時コーヒーメーカーは熱を持つので火傷しないように気を付けます。

全てドリップしても15分間は放置してから、酢水を捨てます。

最後に水をタンクに入れて酢水を洗い流せば、次にコーヒーを淹れる時はお酢の味や匂いが気になりません。

コーヒーメーカーはきれいに見えても汚れが溜まっていることが多いので、最低でも月に1回は掃除を行います。

独自のシステムで共同通信社の情報を見つけよう。

スポンジなど扱いにくい道具は不要なので、汚れが気になる時でなくても定期的にケアします。